So-net無料ブログ作成

私のα900は正常だそうです。ベイヤー配列の画像センサの限界なのかなぁ・・・ #Photo [写真]

先日書かせていただいた私のα900のパープルフリンジ問題。
DSC03269.jpg

昨日SONYから回答の電話が来ました。
要約すると以下に示す内容でした。
  1. 私のα900で現象を再現する事ができました。
  2. 同じ条件で他のα900でテストしたらやっぱりパープルフリンジが発生しました。
  3. 一応マウントアダプタを使ってNEX-5に私のレンズを付けて同じ条件でテストしてみましたが、やっぱりパープルフリンジは発生しました。
  4. フルサイズ対応の大口径の明るいレンズを絞り開放で使っているため現象が発生していると推測されるそうです。
  5. 今までNEX-5で現象が発生していなかったのはEマウントのレンズは元々レンズ径がフルサイズ用レンズに比べて細い上にF値も暗いレンズばかりなのでカメラに要求する性能が低いからだと推測されるそうです。
  6. 何人かのエンジニアに私のα900を試してもらいましたがみんな口をそろえて言うのは「もう2〜3段絞って使ってください。」と言う事だそうです。

NEX-5でも発生するって事はSONYの一眼レフカメラはすべて発生するんでしょうねぇ。
たぶんα99も望み薄だな。
SONYの画像センサを使っているNikonのカメラもたぶん駄目でしょう。
Canonは画像センサは自社開発ですが、同じベイヤー配列方式の画像センサですから程度の差こそあれ一緒でしょうねぇ・・・

逆にパープルフリンジの発生原理を考えるとFoveonセンサのSIGMAのカメラでは発生しないのかな?
SIGMA侮りがたしですね。
SIGMAのカメラ使ってみたいのですが、SD15はスペック的に不満だし、

シグマ デジタル一眼レフカメラ SD15 ボディ SD15 Body

シグマ デジタル一眼レフカメラ SD15 ボディ SD15 Body

  • 出版社/メーカー: シグマ
  • メディア: エレクトロニクス


SD1はメチャ高い上にAPS-Cで46MP機という「どーゆーセンスでカメラ作っているねん!!APS-Cって時点でプロは使わないし、46MPって時点でRAWデータのファイルサイズを想像したらアマチュアは手が出せないし・・・」ってカメラなのでNGですよねぇ・・・



24MPで35mmフルサイズのFoveonセンサを作って、それを使って常識的な値段で一眼レフカメラを作ってくれれば買うんだけどなぁ。
SIGMAのレンズはかなり気に入っているし。(笑)




所でSONYの回答である「2〜3段絞って使ってください。」ですが、これは私の経験からも「身に付けなければならないテクニックなのかなぁ?」と思っております。
  1. αcafeにはalphalphaさんと言う素晴らしポートレート写真をExif情報公開で投稿してくれている人が居ます。
    この人は主にZeiss85mm+α900で撮影しているのですが、いつも少し絞って(F1.7とか位)撮影しています。
    「なんでいつも少し絞っているのですか?」と質問してみました。
    彼は「ピントを外さないための保険ですよ。」と答えてくれました。
    年齢や作品のクオリティから考えてかなりの経験をお持ちの方と推測します。
    「ピントを外さない為の保険」は嘘じゃないと思いますが他にも理由があるように思います。たぶんその豊かな経験から自然と身についた技術なのでしょう。絞り開放で撮って偽色も経験しているのではないかと思います。
  2. デジカメinfo等でレンズのレビュー記事を読んでいると決まって書かれているのは「2〜3段絞った辺りが一番解像感が良い。」というコメントです。 レンズのレビューを書く人も豊かな経験をお持ちの方がほとんどでしょうから、「2〜3段絞った辺りが美味しい。」というのは経験から感じていてレビューの際には必ず試すのだと思います。
  3. 100mmF2.8Macroを使っている時はパープルフリンジを経験した事がありません。
    もちろん100mmF2.8Macroを使う時は「パープルフリンジが発生するような明暗差が激しいシチュエーションでは撮影していない。」ってのが主な原因だとは思いますが、「絞って使っているというのも理由の一つなのかな?」と思い始めています。

α900が手元に戻ってきたらこの「2〜3段絞って撮る。」というテクニックの習得に挑戦しようと思います。
ただ本当の意味でこのテクニックを身に付けるのは「経験を蓄積するための時間が必要かなぁ?」と思っています。
理由を以下に示します。
  1. 絞り開放と2〜3段絞った写真とそれ意外と同じ写真を違う条件で数枚撮る事を繰り返さないと身につかないと思う。
    しかも家に帰ってきてMacで現像して見比べてみるまで違いがわからない。
    納得して体で覚えるには相当な経験を積まなければならないと思う。
  2. 100mmF2.8Macroや135mmF2.8[T4.5]STFでの撮影が主なので試す機会が少ない。(笑)

でも横着しないで積極的に経験を蓄積して行かなければですよね。
α900を使いこなしたいし。
SIGMAが24MPで35mmフルサイズのFoveonセンサのカメラでも作ってくれないとカメラ買い換えないと思うし。
地道に精進したいと思います。

ソニー デジタル一眼レフカメラ α900 ボディ DSLR-A900

ソニー デジタル一眼レフカメラ α900 ボディ DSLR-A900

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス

nice!(16)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

footprint 16

コメント 8

erect

使い手を選ぶってことですか。
カメラの世界も奥が深いですね。
by erect (2012-01-21 20:10) 

masakazoo

パープルフリンジが何だか分からないけど…
新たなものを知る喜びと言うものは、得がたいもの。
今を楽しみ、味わいながら上達を目指す。
って感じかな?
by masakazoo (2012-01-22 06:59) 

marbee

erectさん。ご訪問&nice&コメントありがとうございます。

シャッターボタンを押すだけで簡単に撮れるモードもあるんですけどね。
このカメラを買うような人はそういうモードに興味が無い訳で・・・(笑)
ついつい限界まで追い込んでしまうんですよね。(笑)
そういう意味じゃ車に通じるものがありますね。(笑)
by marbee (2012-01-22 12:50) 

marbee

masakazooさん。ご訪問&nice&コメントありがとうございます。

ですね。
貴重な経験が出来ましたし、デジタル一眼レフカメラについてより深く知る事ができました。
得難い経験ができたと思います。(笑)
by marbee (2012-01-22 12:54) 

メタボ暦4年

こんばんは
F値1.4のレンズはシグマ50mmしかないですが、絞り解放は
滅多につかいません・・
ある意味保険と言う意見もわかりますが、F2.8辺り(屋外では4~)からの描写がシャープで好みだからです(カリカリ描写好き)
どうしてもSS稼ぎたいときは、ISOでなんとかしてますよ~
高感度弱いですけどネ・・

by メタボ暦4年 (2012-01-24 21:38) 

marbee

メタボ暦4年さん。ご訪問&nice&コメントありがとうございます。

α900は高感度弱いですよねぇ。
ISO800でもノイズが気になります。
今ではISO200固定で使っています。
それだけについつい絞りを開けてしまうんですよねぇ。

私はボケが効いた写真の方が好きなんですが、これからは解像感を求めて探求した方が得る物が多そうです。

シャッタースピードは結構遅くてもなるべく体が安定する体勢で頑張ればそれこそ1/5秒とかでも手ブレしないで撮れる事がわかったので、これからは絞って撮ります。
手ブレ補正って凄いですね。(笑)
by marbee (2012-01-24 22:10) 

ヨー

パープルフリンジと言えば
SIGMA ApoMacro150mmF2.8ExDgOsHsm
は全くと言っていい程発生しない為すごいレンズですよ!
どこかのレビューでスーパーアポクロマートと言われていました。
私もそう思って使用しています。

Aマウントでは
MINOLTA HighSpeedAFApo200mmF2.8G
は、超絶なパープルフリンジ発生装置です(笑)
前ボケが紫、後ろボケには緑がドンと乗ってきます。

デジタルのパープルフリンジは発生要因が一つではなくて、イメージセンサ上の超高輝度部分から周辺の低輝度部分に電荷が漏れて色が変わる現象(上の写真はそうかもしれません)や、単純にレンズの収差の場合等がありましたよね?
今挙げたレンズは単純に収差としてのパープルフリンジの大小です。

絞って劇的に解決するのは後者で、前者の場合は露出補正アンダーやコントラストを低めにする等で、ハイライトを飛ばさないように気を付けると良いような経験があります。

SONYに限った事ではありませんが、コントラストが高くハイライトが飛びやすいですね。特にFOVEONに比べるとそう感じます。


それから、αcafeのalphalphaさん、僕も大好きです♪
あんな写真を撮りたいですね♪
by ヨー (2012-04-12 10:10) 

marbee

ヨーさん。ご訪問&コメントありがとうございます。

SIGMA105mmF2.8Macroも絞り開放だと前ボケに紫、後ろボケに緑の色収差がわずかに出ます・・・
まあ絞れば出ないですし、実際絞って使う事になるので良いのですが・・・(笑)

あまり深く考えないで105mmF2.8Macroを買ってしまって後で150mmF2.8Macroの大きさや重さ値段をしって「しまった失敗した!!」って思っています。

ただ・・・「105mmでも常用するにはちょっと焦点距離が長すぎるかな?許容範囲内だけど。」とも思うので「これはこれで良かったのかも?」とも思い中。

難しいですね。(笑)


alphalphaさんは凄いですよね。
なんであんな素晴らしいポートレートを撮って無料で公開しているのか・・・しかもExifも公開で・・・凄いけど謎な人ですね。(笑)
by marbee (2012-04-12 23:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。