So-net無料ブログ作成
検索選択

PENの新型キター!!AF速くなったー!!ちょっと欲しいかもー!! [写真]




一気に三機種同時発表ですよ。
  1. フラッグシップのE-P3
  2. 普及モデルのE-PL3
  3. 小型軽量を追求したE-PM1

新しく出たレンズもカッコイイです。
  1. M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
  2. M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

E-P3は有機ELディスプレイになってボディデザインも一段と質感が高くなりましたね。
コイツのシルバーにM.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8を付けてスナップしたいです。
俺やっぱりPEN好きかも?(笑)
OLYMPUSカメラも好きかも?(笑)

NEX-5を気に入っているので買う事は無いと思いますが、かなり心惹かれています。(笑)


E-PM1も面白い存在ですね。
PENTAX Q」よりは一回り大きいですが、勝負できるカメラかと。
ってか俺ならこっち買う。(笑)

ちなみに2機種のディメンションを比べると
名称
PENTAX Q約98mm57.5mm31mm
E-PM1109.5mm63.7mm34.0mm

幅で11.5mm、高さで5.8mm、厚さで3mm「E-PM1」の方が大きいですね。

一眼らしい写真が取れる「E-PM1」を選ぶか?
おもちゃ感覚の「PENTAX Q」を選ぶか?

悩ましいですねぇ。(笑)

って、どっちも買わないんですけど。


今年の秋は、
メーカ機種
SONYNEX-C3
PanasonicG3、GF3
OLYMPUSE-P3、E-PL3、E-PM1
PENTAXPENTAX Q

ミラーレス一眼秋の陣って感じですね。

SONYもM.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0みたいにシルバーでレトロ調なデザインのEマウントレンズ出してくれないかなぁ。
できれば35mmF1.4位で。

マクロレンズは期待外れでしたけど、50mmポートレートレンズにでも期待してみようかな?(笑)


またblogramでカテゴリマイスターになれました。(笑) [IT]

スクリーンショット(2011-06-30 20.05.01).jpg

今回は以下の二つです。
  1. 「フェルナンド・アロンソ」ランキング 8 位!
  2. UNIX」ランキング 8 位!

ITエンジニアを本業にしているので「UNIX」ランキング8位は正直嬉しいです。(笑)


ただレッドブル派ベッテル派の私が「フェルナンド・アロンソ」ランキングで8位になって良いのだろうか・・・?

まあ、アロンソは最強ドライバーだと一目置いているのでOKですよね。(笑)


やっぱり韓国はIT先進国かつ徴兵制度のある国ですねぇ・・・ [IT]


クラックを戦争に利用する時代が来た事に対する対応なんでしょうねぇ。

この大学、ITについて勉強したいと思っている学生には人気が出るんじゃないですかね?
ご存知のように韓国は徴兵制度のある国です。
私は韓国の方と一緒にシステム開発をした事がありますが、その時迷彩服姿の写真を見せてもらいました。

っで、この大学ですがニュース記事によると
卒業後の進路として陸軍に入隊し、オンライン関連部隊での7年間の軍務を願い出た学生には、軍が学費を肩代わりする。

どうせ徴兵されるんですから、北朝鮮との国境守備隊なんかに配属されるよりは、サイバー作戦部隊に配属される事が確定な方が兵役でITの実務も積める訳ですから有益ですし、学費が免除になるっていうのは魅力的ですよね。

20代は大学と軍でITの勉強をし経験を積み、晴れて兵役から開放されたらITエンジニアの道に進むなり、ITセキュリティコンサルタントの道に進むなり、ITのベンチャー企業を起こすなり、進路は色々ありそうですよね。


でも韓国は受験戦争も熾烈だから狭き門になるんでしょうねぇ。


nice!(18)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

必勝パターンを完璧に決めましたね。ベッテル。お見事!! #f1gp [モータースポーツ]


まあ、予選を見ればこういう展開になるのはわかっていましたが・・・
お見事ですね。ベッテル。
  1. スタートを無難に決めて。
  2. DRSが使えない最初の3週をプッシュして後続に1秒以上のギャップを築いて後続のDRSを封じ。
  3. ファステストラップを出すべきタイミングで出して後続とのギャップを匠にコントロールして。
  4. 後続のピットインを待って装着したタイヤを確認した後で自分も同じタイヤに交換して先頭のままピットアウトする。

後続に全く隙を与えない見事な走りでしたね。
文章で書くと簡単ですけど、これを実践するのは難しいですよ。
今回のウェーバーが良い例ですよね。

やっぱりワールドチャンピオンになった男は違うね。(笑)
この勢いならブローディフューザーが規制される次戦からもベッテルの快進撃は続くかな?(笑)


以下、感想を箇条書きにします。

フェラーリの季節が来ましたね。:
ここは太陽の国スペインバレンシア
季節は初夏。
路面温度は40度以上。
タイヤに優しいと言われるフェラーリにとっては「待ってました!!」のコンディションですね。
今回アロンソが2位表彰台だったのはもちろん本人の実力も大きいのですが、コンディションがフェラーリのマシンに合っていたというのも大きいと思います。
それが証拠にマッサのペースも悪くなかったですよね。
これから季節は夏。
ついでに次戦からはブローディフューザーの規制も入る
案外ここからアロンソの逆襲が始まるのかもしれません。
ちょっと楽しみですね。


可夢偉は予想通り厳しかったですね。:
まあ、これも予選を見れば予想はできた事ですが・・・
ですが、ここで腐ってしまうか?モチベーションを維持してプッシュし続けられるか?で将来トップチームに移籍できるかどうかが決まってきます。
ここが踏ん張り所ですよ。


アルグエルスアリ・・・ポイント取ったね(驚):
予選を見た時は駄目だと思いましたが・・・
路面温存が高くなった事で、Q2に進出できなくてソフトのニュータイヤが温存された事が良い方向に働いたのかな?
F1って何が起きるかわかりませんねぇ。(笑)


シューマッハ・・・:
ピットアウト時にペトロフにウィング踏まれるって・・・
ちょっと注意力散漫になっているんじゃない?
年を取ったとか言わないでよ。
最近調子上がってきているんですから・・・


ニックもっと頑張ろうよ:
10位で一応ポイント取っているけど・・・
ウェーバーがルノーに移籍するって噂も出てきたし・・・
今のままじゃヤバいですよ。
せめてニコ・ロズベルグとバトルする位はしないと。



さて次戦はイギリスGP
予選7/9
決勝7/10
ですね。


これからはフェラーリの季節ですし、ブローディフューザーの規制も入ります。
どうなるか楽しみですね。

イギリスGPと言えばマクラーレンの地元GP。
マクラーレンも黙っては居ないでしょう。

メルセデスGPも調子を上げてきていますし。


熱い夏になりそうだなぁ。(笑)


nice!(20)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

就職活動って難しいよね。 [投資]

ツチヤさんがブログで就職活動について興味深い話を記述されています。
http://kenzo.enjyuku-blog.com/archives/2011_06__--------------------------------------------------------_------------------------------------------.html
今、就職活動をしている人も内定を貰った人もすでに社会人として働いている人も一読の価値があると思います。
3分で読めますから読んでみる事をオススメします。



私にも似た経験があります。

私が就職活動をしていた時は今と同じいわゆる「就職氷河期」って時期で、私は受ける企業受ける企業ことごとく内定を貰えませんでした。

私は三流大学の出身ですが、情報工学科でしたし通産省の第二種情報処理技術者試験(=今でいう基本情報技術者試験)に合格していました。

なので正直「中小のIT企業に的を絞って活動すればなんとかなるだろう。」と思っていたのですが駄目だったんですよね。
従業員数名の零細企業も応募してみましたが駄目でした。

唯一幹部面接まで行けたのが、応募した中では一番大きい某メーカ系のSIerでした。


当初応募した企業は全滅でした。
当時の私には「なんで本命のSIerだけ惜しい所まで行けて、他の所は全然駄目だったんだろう?」と理解不能でした。


っが、諦める訳にはいかないので、教授のコネで応募だけはできた(逆に言うと教授のコネが無ければ応募すらできない)東証一部の大手SIerにダメ元で挑んでみました。


結果、内定を貰えました。(=今も務めている会社です。)


当時の私は「なんかよくわからないけどラッキー。とりあえず向こう3年の飯には困らないで済みそうだ(笑)」と喜んだものです。


今までの私は「小さい会社を受けてもNGで大企業だとOKだったのは単に運が良かったから」と思っていました。
しかし、ツチヤさんのブログを読んで私が小さい会社は全然駄目で大企業には合格できた理由がわかったような気がします。


要するに三流大学出身だけど第二種情報処理技術者試験に合格している私は
  1. 三流大学出身なので、小さい会社であっても幹部候補にはなれない。
  2. しかし学生でありながら第二種情報処理技術者試験に合格している実力なので小さい会社では幹部の手足となって働くスタッフとしては実力が有り過ぎる。
  3. 大企業でも当然幹部候補にはなれない。
  4. 大企業なら三流大学出身で第二種情報処理技術者試験に合格している私は幹部候補の手足となって働くスタッフとしては丁度良い。

って事だったんですね。
まあ、もちろん大企業の方が採用枠が大きいので合格し易いってのもあったと思いますけど(=ドラゴン桜で東大は入学し易いと言っているのと同じ理論ですね。(笑))



まあ、要するに世の中は単純ではなくて「大企業だと就職は難しくて中小企業の方が簡単。」という事は無いって事ですね。

たぶん内定をもらうコツは
  1. 自己分析をしっかりして自分の身の丈を知る。
  2. 企業を分析してその人材採用のニーズを探る。
  3. 自己分析と採用ニーズのマッチしている企業に的を絞って活動を行う。

って事なんでしょうね。
と言っても学生にそれができるか疑問ですが・・・ってか今の俺でもできる自信無い・・・


そう言う意味じゃ新卒の就職活動にも「就職アドバイザー」的なコンサルタントが必要なんでしょうねぇ。
少なくとも理工系の大学では昔は大学なり教授なりがその役割を果たしていた(=結局私も自分で選んで応募した企業からは内定が貰えず、教授に勧められた企業からは内定がもらえた)と思うのですが、今はどうなんでしょうねぇ。


まあ、とにかくツチヤさんがブログに著した話は興味深いって事です。


タグ:就職活動
nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「佐藤琢磨、無念のクラッシュリタイア」って・・・なんも言えねぇ・・・ [モータースポーツ]

佐藤琢磨、日本人初のポールポジションを獲得! (インディカー第8戦)
佐藤琢磨、無念のクラッシュリタイア (インディカー第8戦)
以上


なんも言えねぇ。


nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

「Mac OS X 10.6.8」が来ました。Lionにアップグレードするために必要らしいです。 [IT]

マルウェア対策も含まれているようです。

スクリーンショット(2011-06-26 14.26.07).jpg

インストールですね。


これは決勝もベッテルかな?(笑) #f1GP [モータースポーツ]


このレースから予選と決勝でエンジンマッピングの変更が禁止されているハズなので、予選スペシャルなブローディフューザーのセッティングは使えなくなっているハズなのですが・・・やっぱりベッテルが速かったですね。(笑)

一人36秒台に入れてのポールポジションはお見事でしょう。

でも今回の予選、見所はQ1だったと思います。
Q1では上位チームはピレリが新規投入したミディアムタイヤでアタックしていました。
地上波での放送でもアロンソ、バトン、ベッテルの最初のアタックの第三セクターのオンボードカメラの映像が見れたのですが、アロンソ、バトンはリアがズルってカウンターを当てていたのに対してベッテルはカウンターを当てていませんでした。
Q1もベッテルがトップ通過している事。また映像で見たマシンの挙動からもミディアムタイヤではレッドブルが速そうです。

ポールポジションを取っている事から考えてもソフトタイヤでもレッドブルが速い訳で・・・
まあ、タイヤのライフという点では決勝の少なくとも第一スティントを観ないとわからないですけど・・・

ベッテルが優勝する可能性はかなり高いと思う訳で・・・

ブローディフューザー規制が入っても「やっぱりレッドブルが速い」って事になりそうですね。(笑)



以下、感想を箇条書きにします。

アロンソ頑張っている・・・けど:
走っている姿を見る限りアロンソが一番攻めこんでいるように見えました。
っが、攻め込んでいて速そうに見える走りって実は速くないんですよね。
マシンがイマイチなのをドライバーがねじ伏せて無理やりタイムを出しているって事ですから。
母国GPだから気合入っているんでしょうけど・・・今回は厳しいかな?
ウェーバーとハミルトンは速そうだし、バトンも追い上げて来るでしょうから、今回は表彰台も厳しい勝負になるような気がする・・・
ブローディフューザー規制ってホントにフェラーリに有利なんですかね?


ニックはQ3アタックしないでソフトタイヤ温存ですか。:
スーティルの動きに合わせてそうしたみたいだけど・・・
初めからメルセデスGPと勝負するのは諦めていたって事ですよね?
そんな消極的な事で大丈夫なのかなぁ?
来年はニックの変わりに可夢偉がロータス・ルノーのシートに座っていたりして?
まあ、可夢偉はトヨタの育成ドライバーなのでルノー日産アライアンス系のチームのシートを得るってのは障害あるかもしれないけど・・・


スーティル走っているね:
しかもQ3進出ですか・・・
エリック・ルクス、エイドリアン・スーティルを正式に告訴」ってニュースを見て、「スーティルはレースに出ないでニコ・ヒュルケンベルグが代役を勤めるかも?」ってちょっと期待していたのですが・・・
スーティルは全日本F3からF1に行ったドライバーですし、どっちかというと好きなドライバーなのですが、ニコ・ヒュルケンベルグが走っている姿も見たいですよねぇ。


バトンはイマイチでしたね。:
まあ、ここ2戦も予選はイマイチで決勝でやってくれるパターンだったので、今回も油断できないですけどね。
でもひょっとしてバトンの気持ちはすでにフェラーリに移ってしまっているのかも?(笑)
http://f1-gate.com/ferrari/f1_12087.html
http://f1-gate.com/mclaren/f1_12090.html


可夢偉厳しいですねぇ:
まあ、上位チームとはマシンのアップデート速度が違うからシーズンが進むに連れてこうなってくる事は予想していましたけどね。
むしろ今までのザウバーのパフォーマンスの良さの方がサプライズだった位で。
しかしQ1突破にソフトタイヤが必要となると今後はQ3進出は期待できそうに無いですねぇ。
もう一段光る所を見せて欲しい所なんですけどねぇ・・・
いや、思うんですけど、バトンがフェラーリに移籍した場合、可夢偉がマクラーレンってのも有りかなって。
マクラーレンって結構日本製の部品使っていて意外に日本と親しいチームだと思いますし、カナダでのデ・ラ・ロサのレンタルの件からマクラーレンとザウバーの関係も結構良好なのかなぁと。
マクラーレンなら独立系のチームなのでメーカのしがらみも無いでしょうし、意外と有りなんではないかと密かに期待しているんですけど。どうでしょ?


アルグエルスアリもっと頑張れよ〜:
Q1落って・・・
スポンサー的な関係でダニエル・リチャルドにシートを奪われる心配は無いと油断しているんじゃない?
http://f1-gate.com/tororosso/f1_11912.html
http://f1-gate.com/tororosso/f1_11928.html
F1はそんなに甘い世界じゃ無いと思うぞ。
「ウェーバーを追いだして俺がレッドブルのシートを獲得してやる!!」って位の意気込みで頑張ってもらわないと未来は無いかもよ?




さて決勝は逃げるベッテルにウェーバーとハミルトンがどこまで食い下がっていけるかの勝負になると思います。
レッドブルファンかつベッテルファンの私としてはブローディフューザー規制が本格的に入る前にポイントを稼げるだけ稼いでおいて欲しい所です。

今年もベッテルがチャンピオンで良いじゃん。(笑)


nice!(10)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

最近E18-200mmF3.5-6.3を付けっぱなしなのですが、90%200mmの所しか使っていない事に気づいた。 [写真]

今日取って来た写真は100%200mmの所しか使っていません。(笑)
しかも200mmだとちょっと足りない感じです。

今日は蓮の花も咲いていたのですが、池の中で咲いているので200mmでは以下に示す感じが限界でした。

DSC02633.JPG

真ん中辺りに蓮の花が咲いているのですがわかるかなぁ・・・
高画素である事を活かしてトリミングで拡大してみました。(for ベンちゃ☆ )

DSC02633.JPG

邪道ですね。(笑)


なんか「撮る」という部分にフォーカスして考えると、もっと望遠の単焦点レンズの方が良いような・・・?
例えばAマウントだと以下に示すレンズとか?

SONY 300mm F2.8 G SAL300F28G

SONY 300mm F2.8 G SAL300F28G



手元のカタログだと<受注生産>って書いてあるし、希望小売価格798000円という恐ろしい値段が付いているので、一生試す機会は無いでしょうが・・・


あるいは構図の自由度って点を重視して望遠のズームレンズで・・・以下に示す奴とか?

SONY αマウント交換レンズ SAL70400G

SONY αマウント交換レンズ SAL70400G

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス


これも手元のカタログだと希望小売価格262500円と先ほどのレンズと比べるとだいぶリーズナブルですが恐ろしくて手が出ない事には変わりはありません。(笑)



まあ、私の場合コンパクトなカメラシステムで気軽に持ち歩いてスナップ的に使うというスタイルなので、望遠鏡と勘違いしてしまいそうな上で示したレンズを担いでってのはそもそもNGなのですが・・・

使わない時はコンパクトに縮めておけるという利点がズームレンズにはありますし、その意味でもE18-200mmF3.5-6.3が私のスタイルには一番合っているのかなとは思っています。



でも上で示したレンズも一回位は使ってみたいですねぇ。
身近に貸してくれる人が居れば良いのですが・・・居ないだろうなぁ。
居たとしてもマウントアダプタを買わないとNEX-5では使えないし。

ソニー マウントアダプター LA-EA1

ソニー マウントアダプター LA-EA1

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: 付属品


まあ、結局は今使っているNEX-5+E18-200mmF3.5-6.3が自分のスタイルに一番合ったカメラシステムなんでしょうねぇ・・・

ソニー デジタル一眼α NEX-5 ダブルレンズキット シルバー NEX-5D/S

ソニー デジタル一眼α NEX-5 ダブルレンズキット シルバー NEX-5D/S

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス


ソニー 高倍率ズームレンズ E 18-200mm F3.5-6.3 OSS SEL18200

ソニー 高倍率ズームレンズ E 18-200mm F3.5-6.3 OSS SEL18200

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス



NEX-5のファームウェアVer.04の機能使ってみました。 [写真]

ピクチャーエフェクトのパートカラーイエロー)って奴です。

DSC02692.JPG

いや一応パートカラー(グリーン)も試してみたのですが、緑の多い所で試してみてもなんの事やらって感じの写真になってしまいました。

DSC02691.JPG

パートカラー(ホワイト)ってのがあれば・・・ってそれはモノトーンか?(笑)


これ基本的にはお遊び機能ですね。
ピクチャーエフェクトを選択してしまうと、絞りもシャッタースピードも露出補正もイジれないし、フォーカスエリアもオートになってしまうんですよね。

まあ、無いよりあった方が良い機能ですが、私は基本的には使わないかなぁ・・・



ソニー 高倍率ズームレンズ E 18-200mm F3.5-6.3 OSS SEL18200

ソニー 高倍率ズームレンズ E 18-200mm F3.5-6.3 OSS SEL18200

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。